メニュー

関連サービス

事例紹介 Case2
〜ごみ屋敷のお片付けとオゾン除菌・消臭〜

ごみ屋敷のお片付けとオゾン除菌・消臭

気密性の高いお部屋はエアコンの普及で窓を開けての換気を行なう方が少なくなりました。ごみ屋敷の場合はなおさら悪臭がお部屋に取り付いてしまいます。
ごみの下層の方になればなるほど臭いはパッキングされていて、また古くなったごみや家電を含む家財からは、カビ臭などの悪臭が発生しています。もちろん建具など室内からも悪臭が発生します。
そのように長年かけてお部屋に取り付いてしまった悪臭退治には、臭いを元から分解できるオゾン消臭は非常に有効です。


プチごみ屋敷の除菌消臭事例

女性のご依頼主様は賃貸マンションでペットを飼われていて、またひざ下くらいまでごみ屋敷にお住いでした。
このようなご事情でお引越しを決意される方は本当に多数いらっしゃいます。

ご用命は、できるだけ目立たないようにごみを片付けて、さらに部屋を消臭し返却したいのですが・・という内容です。
悪臭度合は重症ではありませんが、数年かけて溜まったごみとペットの臭いが入り混じった悪臭が発生しているわけです。片付けと消臭をおこなって問題を起こさずお部屋を返却したいということですね。誰しもが綺麗に生活していた何事もなかった日のように原状回復されたいのは人情でしょう。

このため、まずごみをパッキングして悪臭が外部に飛散しないよう不用品のお片付け作業を行ないます。
ただし悪臭が強烈な場合は、オゾンミスト機を入り口近くにセットしてオゾンミストを高圧でスプレーしながら悪臭を軽減する作業を行って悪臭が外に拡散しないようにします。

片付け作業完了後、簡易清掃を行なって室内を空にします。
オゾン消臭機を設置して部屋を密室にして1日程度オゾン消臭を行ないます。
消臭が終わった時点で、お客様に不用品と悪臭が消えたお部屋をご確認頂き、お客様の笑顔を頂戴して作業終了です。

重度な悪臭のオゾン消臭事例

管理会社様からごみ屋敷の片付けとフロアーを含めた消臭ご依頼です。
近隣の方から悪臭がフロアー中に充満しているとの苦情が入り、調査の結果7年お住まいの方のお室がごみ屋敷と化してそこから悪臭が漏れだしていたというお話でした。

室内状況は、我々がよく見受ける重度のごみ屋敷です。缶やペット飲料やコンビニパックのごみなどが堆積して、雑誌や日用品などと入り混じりゴキブリが発生しています。ここから発生する悪臭は独特の臭がしています。これは、ゴキブリが仲間を呼び寄せる集合フェロモンと言われ、甘酢っぱいようななんとも言えない悪臭となります。

このように近隣に悪臭が漏れだしているケースでは、賃貸物件の場合は周りにお住まいになっている方々との問題等を収束させるため至急のご依頼を頂くケースが多くなります。
通常オゾン消臭は有毒なため作業中の消臭はできませんが、よろずカンパニーで使用するもう一つのオゾンミスト消臭機なら作業をしながらの強力消臭が可能です。
このようなケースでは、強力消臭事例3で説明させて頂いている「更に高性能なコンプレッサーを搭載したオゾンミスト機器」を使用してオゾンと水を霧状にスプレーしながら作業をおこないます。
オゾンミストの効果により空間の悪臭は瞬間臭消臭ができ、また山積したごみからでる悪臭を軽減しながらの作業が可能となります。できるだけ近隣からの苦情が起きないように配慮して作業を行ないます。
片付け作業終了後、簡易清掃を行ない、オゾン消臭をおこないます。
期間は悪臭のレベルにもよりますが3日~7日程度となります。今回は、全て完璧にご依頼のミッションは終了しました。お客様にご確認時、プロの方からのありがとうのお言葉を頂戴すれば、多少のドヤ顔になることはお許し下さい。

アパートやマンションを賃貸しているケースでは、原状回復を行ない返却しなければなりません。簡単にいうと室内をからにして返すということです。経年変化(年数相応に古くなった状態)は、弁済は発生しませんが、自分で壊してしまったり穴を開けてしまった、またお風呂など真っ黒にカビを生やした、シンクまわりが油でベタベタなどの状況であれば弁償しなければなりません。
よろずカンパニーでは悪臭を除去しながらのリフォームも可能です。お気軽にご雑談ください。